第30回 リバーサイドフェスティバル

第30回 リバーサイドフェスティバル

令和元年7月28日(日)午前10時から『第30回リバーサイドフェスティバル』が行われました。

今年は、昨年の豪雨の影響で椋梨川から沼田川河川敷に会場を移しての開催になりました。メイン会場となる能光公園はゼロからの整備で大変でしたが、地域住民や企業のサボート・ボランティアに助けられ、開催にこぎつけることができました。

沼田川も豪雨の影響で川の中が荒れ放題でしたが、整備を東豊建設さんが快く引き受けてくださり、《鮎のつかみ取り会場》を作ることができました。その会場で小学生が楽しそうに鮎のつかみ取りに奮闘していました。
モノづくりの先生に作っていただいた《ブランコ》や《ジップライン》もすごく好評で、お子さんから歓声が上がり、順番待ちができるほどでした。運営には河内高等学校、河内中学校の生徒さんが頑張ってくださいました。
初めての会場で来場者数の予想がたたない中、多くの露店の皆様に参加頂き感謝しています。

能光公園・沼田川河川敷での始めてのリバーサイドフェスティバルは手探り状態、規模は小学生限定での開催で今年は折り込みチラシを控えましたが、予想を超える多くのお客様に来て頂きありがたく思っています。おかげで大盛況に終えることができました。

近くに駐車場のない場所、ごみの持ち帰り運動等での開催にご協力いただき、少しでもイベントを楽しんでいただけたなら嬉しく思います。

初めて参加された方に感想を伺ったところ

河内町にこんなに自然で緑いっぱいのところがあったんですね。
中学生 や高校生も又地域の方々が一致団結して取り組まれている姿に感動しました。
リバーサイドフェスティバルがすごく楽しかったので ママ友にも宣伝して来年も来たいと思います。

という嬉しいお言葉を頂きました。
いつもイベントに参加してくださっている皆様は椋梨川と比較してどのような印象を受けらたかなぁと思ってます。

これからも「皆さんに楽しんで帰っていただけるよう」いっそう努力していきます。

最後に「you愛sunこうち」の関係者、広島銀行、郵便局、東豊建設様、漁業組合、六日会、中学生・高校生・スタッフの皆さんには大変お世話になりました。ありがとうございました。

(協賛金・環境整備寄付金)
(株)東豊建設、(株)訪商、(有)ケルナー、長州貿易、(有)甲陵ハイテック、河内クリニック、(有)新空港産業、中国醤油醸造協同組合、豊北産業株式会社、(有)西川工務店、(株)広島銀行、古川電工、舛田康男、水と緑と自然の会、横山建築板金、竹乗天命堂薬局

(ユニフォーム提供)
サカタスポーツ

(敬称略)