第1回 河内地区防災訓練

第1回 河内地区防災訓練

令和元年6月1日(土)午前9時から12時まで地域センター大ホールで、消防局の方々、各関係機関の方々、自主防災委員の皆さん方が集まり『第1回河内地区防災訓練』を行いました。

会長・来賓のご挨拶の後、VR(バーチャルリアリティ=仮想現実)技術を用いて実際の土砂災害や火災災害などの擬似体験ができるヘッドマウントディスプレイを利用して、災害に遭遇した時にどうなるのか体験しました。

消防団からは「避難時の対応」消防局からは「避難の重要性」のお話があり、その後2班に分かれてAED(自動体外式除細動器)と消火器の体験が行われました。

最後に市の危機管理課から「警報等情報発信について」のお話があり、防災訓練を終えました。

昨年の西日本豪雨を教訓に警戒レベルが分かりやすくなり

警戒レベル で高齢者等は避難
警戒レベル で全員避難

となります。
(警戒レベル3,4,5は市が発令します。)