河内駅利活用検討会

河内駅利活用検討会

平成31年1月19日(土)19時より地域センター大ホールで『河内駅利活用検討会』が開催されました。
河元会長の挨拶、高橋議員の挨拶に続き兼田総務部長より河内駅のアンケート報告、資料の説明がありました。
備後矢野駅・上下駅に視察に行かれた方からは「駅の大きさが違う」「上下町には行事があり人が集まる」「町が素晴らしい」「人の気持ちが伝わる町」などの意見がありました。

河内駅の利用活用については町を元気にするのも大事だが、よそから人に来てもらうような田舎を作る(薪ストーブを焚いてお茶を出す)薪でご飯を炊いてますとか、昭和の感じを出す。

サロンなどで高齢者の憩いの場所にする。

河内高校の展示物を貼る。レンタルサイクルを置く(自転車をタダでもらってきてそれを整備する。レンタルサイクル事務所を置く)

タクシーがいなかったりバスの時刻表がわからない。来られる方にも優しい事を盛り込む。

みんながなんとかしようと言う気持ちが活性化につながる。みんなが住んで良かった、活性化のために考える仕組み対策を考える。

河内駅の駅舎の治安維持、そして子ども達や高齢者の方々が集いコミュニィの場として活性化するようにはどうしたらいいのか、今後も考えていきたいと思います。